植物と手

寒さが厳しい冬でも元気な植物

冬に咲く花

庭

寒さ強い花

ガーデニングを趣味としている人は多いです。花にはそれぞれ開花時期が決まっており、開花させる為には手をかけてあげる必要があります。花の人気度は時期によっても変動するでしょう。とくに、寒い冬に咲く花はとても美しいものです。春から夏、そして秋にかけて順調に育てていけば綺麗に咲いてくれるでしょう。ガーデニング初心者はコツを掴むまでに何度か失敗するものですが、始める前に知識を蓄えておけば大丈夫です。

耐寒性が高くて丈夫

冬に咲く人気の花と言えば、クリスマスローズやシクラメンなどが挙げられます。クリスマスローズは耐寒性が高い植物なので、北国でも育てられます。冬はもちろん、春にかけて開花を楽しむ事が出来るでしょう。花の色は白や紫などが一般的であり、形も様々です。交配種も積極的に育成されているので、数多くのクリスマスローズが世に出ているのです。12月に突入すると街はクリスマスムードで賑わいます。店舗に飾られる機会も増えるので、目にした事がある人も多いのではないでしょうか。

日当たりが重要

シクラメンは開花期が長いので、鉢花の中でも絶大な人気を誇っています。育て方に関しては、日当たりに十分注意しましょう。寒い冬でも元気に育ってくれますが、雪や霜が原因で枯死してしまう可能性もあります。また、鉢花なので、冬の間は屋外ではなく室内に置いてあげましょう。3月を過ぎたあたりからは外に出しても問題ありませんが、最低気温が一ケタになると危険です。その時は室内に置きますが、部屋の中でも日当たりの良い場所を見つけてあげましょう。

風通しに気をつける

冬に強い植物として知られるシクラメンですが、逆に夏には弱いです。蒸れで弱ってしまう事もあるので、梅雨から真夏にかけては用心しましょう。風通しは何より重要ですが、直射日光に当ててはいけません。外に出すなら日陰に置きます。また、たっぷりの水やりが欠かせません。花に直接かけるのではなく、株元に優しくかけてあげましょう。生長期の水やりでは、液体肥料も一緒に与えるのがポイントです。最近では土に混ぜ込むタイプも人気ですが、水と一緒ならガーデニング初心者でもまんべんなく与えられるでしょう。

忍び寄る害虫

庭でガーデニングを楽しむのであれば、それなりに多くの植物を育てるのが一番です。しかし、植物が増えれば増えるほど害虫も寄ってくるものです。クリスマスローズの場合、ハモグリバエやハマキムシなどが一般的です。シクラメンの場合はホコリダニやスリップスなどに狙われやすいでしょう。これらは湿度が高いと発生しやすくなるので、ジメジメとした環境にならないように気をつけます。風通しに気をつけていれば、梅雨でも問題なく育てる事が可能です。

必要不可欠な商品

植物

初心者でも大丈夫

植物を元気よく育てるのに必要不可欠となるのが、肥料や害虫対策です。最近では元肥が配合された培養土も多く出ていますし、土に混ぜるタイプの殺虫剤も販売されています。より効果的なものを探す際には、ネットを活用するのが一番です。ランキングで上位をキープしている商品なら信頼度も高いので、試してみる価値はあるでしょう。人によって使いやすさなども異なるので、購入者の口コミを確認する事も大切です。

READ MORE
広告募集中